チャイルドシートの着用義務について

チャイルドシートの使用は6歳未満の幼児を対象に法律で義務付けられています。
ただし、身長が140cm以上の場合は、6歳未満であっても大人と同じシートベルトを着用することが出来ます。
これは、大人用のシートベルトが身長140cm以上の体型に対して有効な働きをするようにつけられている為です。
ですので、6歳以上であっても身長が140cmに満たない場合は、チャイルドシートを着用した方がより安全ということになります。
もし、チャイルドシートを使用せずに6歳未満の子供を車に乗せた場合は、「幼児用補助装置使用義務違反」となり1点の違反点数をとられますが反則金はありません。
ただし、乗車人数が多く利用することが出来ない場合や座席に固定出来ない場合、幼児が怪我をしてるなどの理由で健康に影響がある場合、バスやタクシーに乗る場合、医療機関などへ救急搬送する場合などは着用していなくても違反になりません。
子供がシートベルトを嫌がることもあるかもしれませんが、子供の身体を守る為にも、嫌がっても必ず大人が着用してあげるようにしましょう。