法律によるチャイルドシートの義務化

車を運転する際に、法律によってチャイルドシート(幼児用の補助装置)の義務が課せられています。
対象年齢は6歳未満で、新生児のときからチャイルドシートを利用しなくてはなりません。
首もすわらないような赤ちゃんを乗せて大丈夫なのかですが、赤ちゃんを寝たまま乗せることのできるタイプのものがありますから、安全な構造になっているものを購入してください。
チャイルドシートを使用していない場合は、法律違反となりますが、罰金などは取られません。
違反点数が1点追加されます。
なお、身長制限があり、6歳未満でも140センチ以上の幼児の場合は、着用を免除されます。
6歳以上でも140センチ未満の場合は、着用を許されています。
幼児の体格にもよりますから、身体に合ったものを利用しましょう。
おとなしく座っていてくれない赤ちゃんもいるかもしれませんが、事故から守ってくれる補助装置ですから、車に乗せる前から座らせるようにして慣れさせておきましょう。

アイキオリジナルの菊芋茶
人気ナンバーワンの商品をぜひお召し上がりください

シャンプーからボディ、スキンケアまでサポートするmucotaで乾燥しがちな冬も万全の対策を

川崎市の葬儀形式
をご紹介

京都質屋協同組合55年の信頼ある質屋
加藤商店です

あたたかい家族葬を杉並区
でお受けいたしております